カクテル レシピ

シャンディガフ|ジンジャーエールとビールを使ったカクテルの作り方

2022-01-30

シャンディガフ|ジンジャーエールとビールを使ったカクテルの作り方

ビールとジンジャーエールのカクテルであるシャンディガフに関する網羅的な情報を知りたいですか?

本記事では、シャンディガフの名前の由来から、栄養成分、作り方を解説します!

少しエンタメチックな小話と伏線がありますので、ぜひ最後までご覧ください!

なお、おすすめの作り方を分かりやすく解説しています。

作り方だけを見たい方は、目次から「シャンディガフの作り方」をクリックすれば見れます

こちらもCHECK

ビアカクテル
ビアカクテルのレシピ一覧|ビール ベースのカクテル24選

本記事では、ビールベースのカクテルのレシピを24種類紹介します。 定番のビアカクテルから、マニアックなビアカクテルまで網羅した内容になっています。 あなたの好きなビアカクテルを見つけてみてくださいね! ...

続きを見る

こちらもCHECK

【コスパ最強】37種類から厳選したおすすめのノンアルコールビール
【コスパ最強】ノンアルコールビールおすすめランキング厳選ベスト4

スーパーで売っているノンアルコールビールを飲むと「コクがなく、薬っぽい」商品ばかりで、ノンアルコールビールを嫌いになる方も多いかと思います。 本記事では、ビールをこよなく愛する筆者が、53種類のノンア ...

続きを見る

シャンディガフの意味

シャンディガフの意味

カクテルの『シャンディガフ(Shandy Gaff)』は、『シャンディ(Shandy)』と『ガフ(Gaff)』に区切ることができます。

 

シャンディ(Shandy)

「シャンディ」はイギリスにおける「シャンディガフの呼ばれ方(愛称)」です。

シャンディガフは古くからイギリスのパブで飲まれているカクテルであり、「シャンディ」の愛称で親しまれています。

 

【シャンディ(Shandy)の意味】

《主に英国で用いられる》 シャンディー 《ビールとレモネードまたはジンジャービールを混ぜた飲料》.

引用元:Weblio|shandy

ちなみに、イギリスではビールとレモネードのカクテルである「パナシェ」も「シャンディ」と呼んでいるそうです。

パナシェとクラウスターラー
パナシェ|レモンスカッシュとビールを使ったカクテルの作り方

ビールとレモンスカッシュのカクテルであるパナシェに関する網羅的な情報を知りたいですか? 本記事では、パナシェの名前の由来から、栄養成分、作り方を解説します。 ビールを使ったカクテルに興味のある方は必見 ...

続きを見る

 

ガフ(Gaff)

「ガフ」は、様々な意味がありますが、お酒に関連するような意味はなさそうです。

そもそも、シャンディガフの名前の由来は不明であると言われています。

語呂の良さから「シャンディ」に「ガフ」を付けるようになったのかも知れませんね!

 

【ガフ(Gaff)の意味】

1.ギャフ,魚かぎ 《大きな魚を引き上げるときに使うかぎざお》.

2.【航海, 海語】 斜桁(しやこう), ガフ 《縦帆の上縁や三角形の頂帆の下縁を張り出している円材》.

【語源】
フランス語から; GAFFE と同語源

引用元:Weblio|gaff

「シャンディガフのカクテル言葉」で紹介しますが、語源である「GAFFE」が最も近い意味だと推察されます。

 

GAFFEとは

(そのつもりがないのに相手を不快にさせる社交上の)失言、失態

引用元:Weblio|GAFFE

ガフの意味は「失言」や「失態」

シャンディガフはアルコール度数が低く、ついつい飲みすぎてしまうお酒です。

シャンディ(お酒)を飲んだ勢いで、何か失態をしてしまったため「ガフ」を付けるようになったのか・・・?

といった風にシャンディガフの意味を考えていくと、なかなか面白いですね!

 

シャンディガフのカクテル言葉(酒言葉)

無駄

シャンディガフのカクテル言葉(酒言葉)は『無駄なこと』

「GAFFE」の「失言・失態」と近くはないが、遠からずといった感じの意味ですね!

シャンディガフのカクテル言葉は、次のようなシーンで使われることがあります。

カクテル言葉

  • 告白されて、断りたい時
  • 交際中の相手に別れを告げたい時

使い方によっては、非常に強いメッセージにも、弱いメッセージにもなります。

上記の例だと、こんな感じ。

使い方

  • 言葉を交わす必要がないほど冷めている:相手に大きなダメージを与える
  • 言葉にできないほど離れるのが辛い  :深刻で悲しいメッセージ

普段飲んでいるシャンディガフも、カクテル言葉(酒言葉)を知ることで、楽しみが広がりますね!

 

 

シャンディガフの由来

由来

シャンディガフの名前の由来は諸説ありますが、明確なものは無いとされています。

シャンディガフは古くから、イギリスのパブで愛されてきました。

この情報から、名前の由来を空想してみても面白いかもしれません。

例えばこんな感じ。

<空想>

イギリスのとあるパブに、週末になると現れる絶世の美女「シャンディ」

お酒に弱い彼女は、周囲とは変わったビールの楽しみ方をしていました。

それは...

「ビールとジンジャーエールを半々で割る」

シャンディは飲みやすい「ジンジャービール」をスイスイと飲み干し、とうとう酔っ払ってしまいました。

普段おとなしく、口数の少ない美女から飛び出したのは罵詈雑言の数々。

非の打ち所のない「シャンディ」も、失態「ガフ(GAFFE)」を犯してしまうほど美味しくて飲みやすい「魔性のカクテル」として「ビールとジンジャーエールのカクテル」は次第にイギリス中に広まりました。

このエピソードを語り継ぐため「シャンディガフ」という名のカクテルが誕生しました。

ありきたりですかね?笑

みなさんの考える「シャンディガフの由来」もぜひ教えてください!

 

 

シャンディガフの栄養成分(カロリー・糖質)

栄養成分

成分は以下のとおりです。

なお、本記事ではビールの代わりにノンアルコールビールの「クラウスターラー」を使用しています。

成分(1杯約300ml)含有量(1杯約300ml)
エネルギー94.5kcal
炭水化物(糖質)22.35g

参考

主な材料である、クラウスターラー150mlとジンジャエール150ml(合計約300ml)の栄養成分を概算しています。

炭水化物(糖質)が約22gであり、糖質が多めです。

ジンジャエールが100mlあたり9.3gの糖質があるため、シャンディガフの糖質も多めになっています。

1杯なら問題ありませんが、飲みすぎると太るので何杯も飲まないようにしましょう。

ちなみに、1日あたりの糖質の摂取量の目安は次のとおり。

ポイント

  • ダイエット中の方:60g以下
  • 体重維持したい方:120g以下

身長や体重、性別によって変動しますが、おおよその目安にしていただければと思います。

こちらもCHECK

ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介
ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介

本記事では「ビールを飲むと太る理由」と「ビールを毎日飲んでも太らない方法」を紹介します。 当たり前に知っている基礎的なことから、ほとんどの方が知らない応用的なことまで、できるだけ分かりやすく解説します ...

続きを見る

 

シャンディガフの度数

アルコール度数

ビール+ジンジャエール

アルコール度数は約2〜3%です。

シャンディガフはビールをノンアルコールのジンジャエールで半々に割るため、アルコール度数は低めになります。

参考

一般的なビールのアルコール度数:4〜6%

 

ノンアルコールビール+ジンジャーエール

アルコール度数は0%です。

なお、本記事で紹介するのはノンアルコールのシャンディガフです。

 

 

シャンディガフの市販について

結論、シャンディガフはほぼ市販されていません。

「世界のビール○○種類」のような形で、色々なビールの中にポツンと1本入っている事もありますが、シャンディガフ単体で買うことはかなり難しいです。

仮に直接輸入などで購入できるとしても非常に高価になるため、自分で作った方が簡単で安いです。

 

シャンディガフの缶販売

「シャンディガフの市販について」で触れたとおり、日本での販売はほぼ無いです。

ちなみに、スペインでは缶入りのシャンディガフである『クルスカンポ・シャンディ(Cruzcampo Shandy)』が広く売られています。

 

 

シャンディガフの作り方

シャンディガフの作り方

カクテルといっても、シャンディガフは材料が少ないため、誰でも簡単に作ることができます!

順にみていきましょう!

 

材料(コンビニで調達可能)

材料(コンビニで調達可能)

材料は次の2つです!

材料

  • ビール     :1/2
  • ジンジャーエール:1/2

ビールとジンジャーエールだけなので、コンビニでも材料を揃えることができます。

宅飲みでお酒がなくなった時、コンビニの買い出しに行って材料を調達して、サラッとシャンディガフを作れば、一目置かれること間違いなしです!

 

ビール

今回は「ビール」ではなく「ノンアルコールビール」のクラウスターラーを使用しました。

クラウスターラーは非常にコクのあるノンアルコールビールなので、割材としてカクテルにも使える優秀さんです。

作り方は「ビール」でも「ノンアルコールビール」でも変わらないので、適宜置き換えてお読みください!

クラウスターラー|本場ドイツ輸入の本格ノンアルコールビール
参考クラウスターラー|本場ドイツ輸入の本格ノンアルコールビール

「日本で売っているノンアルコールビールは、まずい」と感じているあなたは、驚愕の真実を目にすることになります^^ こんな方におすすめ   ガツンとした苦味のあるビールが好き コクのあるビールが ...

続きを見る

ノンアルコールビールは、飲み会の中盤や終盤に悪酔いしないためのチェイサーとしても使えるのでオススメです!

 

ジンジャーエール

今回はウィルキンソンのジンジャーエール(辛口)を使用しました。

特徴は「圧倒的なショウガの風味」

ガツンのとしたショウガの辛さを感じることができます。

ウィルキンソン(ビン)のジンジャーエール

ウィルキンソンのジンジャーエールはプロのバーテンダーも愛用する「本格的な素材の風味」があります。

なお、ショウガの辛さが苦手な方はウィルキンソンのジンジャーエールはおすすめできません。

辛口が苦手な方は、カナダドライのジンジャーエールがおすすめです。

ジンジャーエールの選び方

  • 辛口:ウィルキンソン(辛口)
  • 甘口:カナダドライ

お好みによって、ジンジャーエールを選んでみてくださいね!

 

注意ポイント

ジンジャーエールのブランドで風味がガラッと変わります。

割材は適当に選びがちですが、シャンディガフを作る際は十分にご注意ください。

 

費用

1杯約350ml作るのに、約75円〜です。

内訳は次のとおり。

費用

  • クラウスターラー:45円〜
  • ジンジャーエール:30円〜

クラウスターラーは本格的なノンアルコールビールにも関わらず、Amazonで1本(330ml)あたり約100円〜買えます。

46種類のノンアルコールビールを実飲しましたが、ダントツのコスパであったので、興味のある方はお試しください。

 

 

作り方(ビールとの割合)

手順は次のとおり。

なお、ビールとジンジャーエールの割合は50:50です!

ポイント

  1. グラスとビールをよく冷やす
  2. ジンジャーエールをグラスの半分まで入れる
  3. ビールをグラスいっぱいに注ぐ

 

step
1
グラスとビールをよく冷やす

クラウスターラーとよく冷えたグラス

ビールを使ったカクテルは基本的に氷を使わないため、グラスとビールをよく冷やしておく必要があります。

カクテルの材料もできる限り冷やしておくと、美味しく作れますよ!

 

step
2
ジンジャーエールをグラスの半分まで入れる

ジンジャーエールをグラスの半分まで入れる

ジンジャーエールだけで美味しそうですね.....!!!

ソフトドリンクでも温度と見た目(グラス)を意識すると、いつもの2倍は美味しく飲めますよ!

 

step
3
ビールをグラスいっぱいに注ぐ

ビールをグラスいっぱいに注ぐ

泡立たせるために、少し勢いをつけて注いでOKです!

グラスは垂直のままドボドボと注ぐのではなく、グラスを斜め45度に傾けて、スマートに注ぎましょう!

グラスを傾けることで、対流が起こり全体的によく混ざります。

 

味を均一にするには、ビールを注いだ時の対流がキモになります。

ビールを使ったカクテルは、基本的にステア(マドラーなどでかき混ぜること)はしません

理由は、ステアすることで炭酸が抜けてしまい、美味しくなくなるからです。

注意ポイント

当サイトでは、ビールを使ったカクテルで氷を使用することは非推奨としています。

理由は、味が薄まるからです。

凍るギリギリまで、素材を冷やすことで「バー以上の味」を実現しましょう!

 

 

シャンディガフのレビュー

シャンディガフとクラウスターラー

いよいよ実飲です!

ビールを注ぎながら、ショウガとホップの香りが広がります。

クラウスターラーで作ったシャンディガフ

これは楽しみ....!!!!

 

シャンディガフの泡1

クラウスターラーの安定した泡立ちです。

日本の大手ビール会社の「ビール」よりも、ノンアルコールビールのクラウスターラーのほうが泡立ちが良い気もします。

 

シャンディガフの泡2

モチモチとした泡で、泡持ちも良いです。

 

肝心の味は...!?

「ガツンとしたショウガの辛さとビールの苦味」

パンチが効きまくっていて、刺激強めです!!

個人的には、めちゃくちゃ好きな風味です!

逆に、甘口が好きな方はこの組み合わせは、ちょっとヤメた方が良いです。笑

大人の味って感じですね!

 

甘口が好きな方は、以下の組み合わせが面白いかと思います。

甘口好きな方のおすすめ

  • ビアリー(香るクラフト)
  • ジンジャーエール(カナダドライ)
ビアリー香るクラフト|アサヒビールの微アルコールビールをレビュー
ビアリー香るクラフト|アサヒビールの微アルコールビールをレビュー

アサヒビールの微アルコールビール「ビアリー(香るクラフト)」をレビューします。 糖質やプリン体についても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。 こちらの記事もおすすめ こんな方におすすめ &nb ...

続きを見る

ビアリー(香るクラフト)は、フルーティなホップの香りが楽しめる微アルコールビールです。

そこに、比較的甘口のカナダドライで割れば、飲みやすい「シャンディガフ」(ノンアルコール)ができると思います!

お好みに合わせて、ぜひお試しください!

ちなみに私は辛口派なので、ダントツで「クラウスターラー」+「ウィルキンソン」派です!

こちらもCHECK

ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介
ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介

本記事では「ビールを飲むと太る理由」と「ビールを毎日飲んでも太らない方法」を紹介します。 当たり前に知っている基礎的なことから、ほとんどの方が知らない応用的なことまで、できるだけ分かりやすく解説します ...

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、シャンディガフの美味しい作り方を紹介しました。

シャンディガフは材料は少ないので、誰でも簡単に作れます。

1杯(350ml)あたり75円〜で作れるので、ノンアル生活のアクセントとしても面白いかと思います!

以上、参考になれば嬉しいです^^

【神アイテム】ビールを「キンキンの状態」でキープするグッズ

おすすめ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

クラフト所長

ビール大好きクラフト所長です! 今まで飲んだビールは100種類以上。 ノンアルコールビールのレビュー記事は53種類。 また、ノンアルビールをベースとしたカクテルの作り方を紹介しています。 簡単に作れるものが多いので、ぜひ真似してみてくださいね!

-カクテル レシピ