ラガービール

生ジョッキ缶はまずい?泡立たない?味が違うと感じる理由を解説

生ジョッキ缶はまずい?泡立たない?味が違うと感じる理由を解説

本記事では、生ジョッキ缶とスーパードライとの違いを、簡潔に解説します。

通常のスーパードライに比べ、生ジョッキ缶は「まずい」と感じた方は必見です。

こんな方におすすめ

  • 生ジョッキ缶は「まずい」と感じた理由を知りたい
  • スーパードライとの違いを知りたい
  • 生ジョッキ缶の裏ワザを知りたい

生ジョッキ缶が「まずい」と感じる理由

生ジョッキ缶が「まずい」と感じる理由

温度が高いから、まずく感じる

先に結論。

生ジョッキ缶は、普通に飲むと「温度が高い」ため「まずい」と感じる方がいます。

え、何言ってんの?

と思った方も多いかと思います。笑

 

キンキンに冷やすのが当たり前のビール。

なぜ、生ジョッキ缶は「普通に飲む」と、温度が高くなってしまうのか、理由を見ていきましょう!

 

 

生ジョッキ缶が泡立たない理由

生ジョッキ缶が泡立たない理由

温度が「低い」と泡立たない

生ジョッキ缶は、構造上、ビールの温度が低いと泡立ちません

そのため、キンキンに冷やした生ジョッキ缶は、全く泡立たない「泡なしのビール」になります。

ポイント

  • キンキン:泡立ち→悪い
  • ぬるい :泡立ち→良い

生ジョッキ缶は、「冷やす」と泡立ちが悪く、「ぬるい」と泡立ちが良い仕組みになっています。

 

例えば、冷えてても、泡がないと「ビール感」が薄れ、まずいと感じることも。

逆に、泡があっても「ぬるい」と美味しく感じることは少ないかと思います。

このように、生ジョッキ缶は「美味しく飲むための温度管理」が非常に難しいため、まずいと感じる方が一定数いると推察されます。

 

以下、アサヒビールが公式に推奨する「生ジョッキ缶の温度」です。

内容量推奨温度推奨冷却時間
340ml12℃未満6時間以上
485ml10℃未満8時間以上

参考

一般的な冷蔵室の温度:2〜5℃

冷蔵庫から取り出したての生ジョッキ缶は、温度が低すぎるため、開封時は全く泡立ちません。

なお、アサヒビール公式の「飲み頃温度」は「4〜8℃」。

体感的には、「推奨温度」ギリギリの「10℃付近」でないと、生ジョッキ缶で十分な泡立ちが確認できませんでした。

 

つまり、生ジョッキ缶は、冷蔵庫から出した後、少しぬるくなるまで、放置しないと泡が出ないということになります。

または、生ジョッキ缶を手で包んで温めることで泡立ちます。

 

いずれにせよ、生ジョッキ缶で「泡を楽しむ」ためには、ビールを「キンキン」ではなく、「少しぬるい」状態にする必要があります。

そのため、生ジョッキ缶は、普通に飲むと「温度が高い」ため、「まずい」と感じることがあるという結論になります。

 

参考

エクストラコールドの温度:-2℃〜0℃

参考までに、アサヒスーパードライ(エクストラコールド)の温度は「-2℃〜0℃」です。

生ジョッキ缶の温度は「8℃〜12℃」のため、「キンキンに冷えている」とは程遠い状態ですよね。

 

生ジョッキ缶について、まとめると以下のとおり。

温度泡立ちうまさ
高い良いまずい
低い悪い泡が恋しい

生ジョッキ缶は、ジョッキに注ぐ手間が無い画期的な商品です。

ですが、「本物のジョッキ」に注ぐのと比べると、「うまさ」は劣ると言わざるを得ません。

クラフト所長
クラフト所長
ラガービールの適性温度に関する、筆者の個人的な感想です。

とはいえ、生ジョッキ缶はバーベキューなどの野外で楽しむのには、かなり優秀な商品かと思います^^

 

 

 

生ジョッキ缶とスーパードライとの違い

生ジョッキ缶とスーパードライとの違い

内容量が違う

結論、スーパードライに比べて、生ジョッキ缶の方が、内容量がわずかに少ないです。

とはいえ、本当に誤差のレベルなので、あまり気にしなくて良いです。

参考までに、生ジョッキ缶とスーパードライの内容量は次のとおり。

缶のサイズ生ジョッキ缶スーパードライ
340ml350ml
485ml500ml

生ジョッキ缶とスーパードライは、価格は基本的に同じです。

そのため、ジョッキに注ぐ予定があるなら、スーパードライの方が少しだけお得です。笑


 

 

生ジョッキ缶の裏ワザ

生ジョッキ缶の裏ワザ

生ジョッキ缶は、逆さまにして冷やすべし

アサヒビールで公式に紹介されている方法ですが、生ジョッキ缶を冷やす時に逆さまにすると、泡立ちが良くなる傾向があります。

ポイントは、常温から冷やす際に、逆さまに倒立させること。

この、ちょっとした裏ワザで、「ぬるくないと泡立たない」と言われている生ジョッキ缶でも、泡立ちを改善させることができます。

プルタブを開けた瞬間に、モコモコと泡立つ感じはすごく面白いので、気になった方はぜひお試しください^^

 


 

 

生ジョッキ缶の飲み方

生ジョッキ缶の飲み方

おすすめは、泡が出たら保冷

生ジョッキ缶は、手のひらで包んで温めることで確実に泡立ちます。

しかし、手のひらで包むことで、少しぬるくなってまうというデメリットも。

そんな時は、保冷アイテムを使うことで、ビールの温度上昇を防ぐことができます。

生ジョッキ缶とサーモス缶ホルダー

おすすめは、サーモス

サーモスの缶ホルダーを使えば、缶ビールを冷えた状態でキープすることができます。

生ジョッキ缶の場合、泡が出たタイミングで缶ホルダーに入れれば、最高の状態でビールをゆっくり楽しめます。

缶ホルダーに入った生ジョッキ缶

こんな感じで、すっぽりと入ります。

普通に使えば汚れることもないので、洗う手間もなく便利。

しかも、一度買えば、半永久的に使えるので経済的です。

バーベキューなどで使えば、注目の的になること間違いなしです^^

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、生ジョッキ缶がまずい・泡立たないと言われる理由と、解決方法について紹介しました。

生ジョッキ缶のポイントは、次のとおり。

温度泡立ちうまさ
高い良いまずい
低い悪い泡が恋しい

このように、生ジョッキ缶は、温度が高くないと泡立たないため、まずいと感じる方が一定数いると推察されます。

おすすめの改善方法としては、「常温から逆さまにして冷やす」です。

この方法により、少しだけ泡立ちが改善されます。

以上、参考になれば嬉しいです^^

【神アイテム】ビールを「キンキンの状態」でキープするグッズ

おすすめ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

クラフト所長

ビール大好きクラフト所長です! 今まで飲んだビールは100種類以上。 ノンアルコールビールのレビュー記事は53種類。 また、ノンアルビールをベースとしたカクテルの作り方を紹介しています。 簡単に作れるものが多いので、ぜひ真似してみてくださいね!

-ラガービール
-