ノンアルコールビール

【毎日ノンアル健康生活】ノンアルコールビールは肝臓に悪いのか?

2023-05-28

【毎日ノンアル健康生活】ノンアルコールビールは肝臓に悪いのか?

本記事では、ノンアルコールビールが肝臓や健康に影響があるか解説します。

「健康的」で「美味い」コスパ最強のノンアルコールビールも紹介するので、ぜひ最後までご覧ください^^

こんな方におすすめ

  • 健康的なノンアルコールビールを知りたい
  • 安いノンアルコールビールを知りたい
  • 美味いノンアルコールビールを知りたい
【コスパ最強】37種類から厳選したおすすめのノンアルコールビール
【コスパ最強】ノンアルコールビールおすすめランキング厳選ベスト4

スーパーで売っているノンアルコールビールを飲むと「コクがなく、薬っぽい」商品ばかりで、ノンアルコールビールを嫌いになる方も多いかと思います。 本記事では、ビールをこよなく愛する筆者が、50種類のノンア ...

続きを見る

ノンアルコールビールのデメリット

ノンアルコールビールのデメリット

毎日ノンアルコールビールを飲む健康への影響(デメリット)は次のとおり。

ポイント

  • 飲みすぎると太る
  • 添加物の摂取量が増える

ノンアルコールビールは「健康的」というイメージもありますが、注意点もあります。

順に見ていきましょう!

 

飲みすぎると太る

毎日ノンアルコールビールを飲むと、太る可能性があります。

理由は、美味しいノンアルコールビールの糖質量はビールとほぼ同じだからです。

参考

  • 糖質多い  :コクがある
  • 糖質量少ない:水っぽい

とはいえ、普通のビールと同じ糖質量のため、飲みすぎなければ太りません。

例えば、350mlを1日1〜3本程度であれば問題ないでしょう。

なお、筆者が50種類のノンアルコールビールから、糖質量別におすすめのノンアルコールビールを厳選してみたので、参考にしてみてください^^

 

添加物の摂取量が増える

毎日ノンアルコールビールを飲むと、添加物の摂取量が増える可能性があります。

理由は、糖質ゼロのノンアルコールビールは添加物を多く使用しているからです。

ノンアルコールビールの「糖質量」と「添加物」はトレードオフの関係にあります。

参考

  • 糖質量多い  → 添加物少ない
  • 糖質量少ない → 添加物多い

ご存じのとおり、人工甘味料などの添加物が多いと、薬っぽくて不味いです。

なお、ノンアルコールビールにおいて、カロリーは次の認識でOKです。

糖質量=カロリー

 

以上を「糖質量の切り口」でまとめると、次のとおり。

糖質量糖質多い糖質少ない
カロリー高い低い
コクあるない
添加物少ない多い
美味さ(主観)美味い不味い
太りやすさ太りやすい太りにくい

このように、減酒中に「美味しい」ノンアルコールビール」を飲むと、「太る可能性」があります。

一方で、減酒中に「太らない」ノンアルコールビール」を飲むと、「添加物を多く摂取する可能性」があります。

これらを総合的に考慮して、筆者が50種類のノンアルコールビールから1本100円台の商品を4つ厳選したので、併せてご覧ください^^

【コスパ最強】37種類から厳選したおすすめのノンアルコールビール
【コスパ最強】ノンアルコールビールおすすめランキング厳選ベスト4

スーパーで売っているノンアルコールビールを飲むと「コクがなく、薬っぽい」商品ばかりで、ノンアルコールビールを嫌いになる方も多いかと思います。 本記事では、ビールをこよなく愛する筆者が、50種類のノンア ...

続きを見る

 

ノンアルコールビールのメリット

ノンアルコールビールのメリット

毎日ノンアルコールビールを飲む健康への影響(メリット)は次のとおり。

ポイント

  • 二日酔いの防止になる
  • 無理なく飲酒量を減らせる

ノンアルコールビールの栄養は「健康効果」としては限定的です。

そのため、「嗜好品」として、ノンアルコールビールを飲むことの「健康に対するハッキリと分かる効果」について解説していきます。

それでは、順に見ていきましょう!

 

二日酔いの防止になる

ノンアルコールビールは二日酔い(悪酔い)防止に効果的

理由は、ノンアルコールビールで水分不足と過剰飲酒を防止することができるからです。

例えば、ノンアルコールビールを飲み会中のチェイサー(お冷)として飲んだり、飲み会終盤のお茶の代わりにするなどです。

具体的には、『2杯ビールを飲んだら1杯ノンアルコールビールを飲む』など「自分ルール」を作っておくと効果的。

もちろん、家で晩酌する場合も、「始めの1本目はビール、3本目はノンアルコールビール」などにしておけば、気持ち良い状態のまま、飲み過ぎる心配は減ります。

 

無理なく飲酒量を減らせる

ノンアルコールビールで、無理なくアルコールの摂取量を減らすことができる

ノンアルコールビールでは「飲酒頻度」を減らす効果はケースバイケースですが、「飲酒」は我慢せずにコントロールすることができます。

例えば、普段ビールを6杯飲む方であれば、3杯目と6杯目はノンアルコールビールに代えてみるなどです。

アルコールは体内に吸収されて、酔った状態になるまで時間がかかります。

そのため、前半に飲みすぎて、後半は泥酔状態になることも多いかと思います。

その点、普段飲んでいる量の「中盤から終盤にかけて」ノンアルコールビールを挟むことで、ほろ酔いをキープしたままアルコール摂取量を減らすことができます。

このように、ノンアルコールビールは「ペースメーカー」として活用することで、身体(肝臓)への負担を無理なく減らすことができるメリットがあります。

 

ノンアルコールビールの健康に関するよくある質問

ノンアルコールビールの健康に関するよくある質問

ノンアルコールビールは肝臓に影響ないか?

結論、影響はない。

ビールなどが肝臓に良くないと言われる理由は「アルコールを含んでいるから」です。

肝臓の機能の一つに「解毒機能」があります。

解毒機能とは、アルコールなどの「人体にとって有害な物質」を「無害な物質」へ変える機能のこと。

ビールなどのアルコールを摂取すると、肝臓の負担が増える(解毒をする仕事が増える)ため、「肝臓に悪い」ということになります。

一方で、ノンアルコールビールはアルコールを含まないため、肝臓には影響はありません。

注意ポイント

アルコールが微量含まれるノンアルコールビールもある

【知らない人続出】ノンアルコールビールにアルコールが入っている理由
【知らない人続出】ノンアルコールビールにアルコールが入っている理由

本記事では、ノンアルコールビールにアルコールが入っている理由を、簡潔に、できるだけ分かりやすく解説します。 こんな方におすすめ アルコール度数0.00%のノンアルコールビールを探している 妊娠中・運転 ...

続きを見る

 

ノンアルコールビールは健康に影響ないか?

結論、飲み過ぎ注意

ノンアルコールビールの健康への影響は主に次の2つ。

健康への影響

  • 太る
  • 胎児への影響

ノンアルコールビールのデメリット」の項で説明したとおり、ノンアルコールビールは飲み過ぎると健康に影響があります。

分かりやすいい例で言うと「糖質オフ系」のノンアルコールビールは添加物モリモリです。

 

ノンアルコールビールを、ざっくり分類すると次のとおり。

おいしさ(主観)/  項目美味しい不味い
糖質多い少ない
-太りやすさ太りやすい太りにくい
添加物少ない多い
-健康への影響太る添加物の過剰摂取

「美味しいノンアルコールビール」の糖質はビールとほぼ同じのため「太りやすい」です。

一方で、「不味いノンアルコールビール」は「太りにくい」ですが、人工甘味料等により「健康への影響」は大きいです。

特に、人工甘味料などの添加物は、過剰摂取すると下痢症状を引き起こすことが有名です。

また、添加物は胎児へ悪影響がある可能性があることが、欧米の研究によって指摘されています。

詳しくは以下の記事で解説しています。

【妊娠中は危険】ノンアルコールビールの意外な盲点|オールフリー
【妊娠中は危険】ノンアルコールビールの意外な盲点|オールフリー

本記事では、オールフリーの糖質やプリン体などの栄養成分や原材料・添加物等について解説します。 妊娠中や授乳中など、お酒を控えている方に参考になる内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。 なお、「妊娠中 ...

続きを見る

 

ノンアルコールビールを健康診断の前日に飲んでも大丈夫か?

結論、飲んでもOK

アルコール度数「0.0%」のノンアルコールビールであれば、健康診断前日に飲んでも全く問題はありません。

健康診断前に飲酒が禁止されている理由は、アルコールの代謝に時間がかかるからです。

例えば、ビール500ml(純アルコール20g)のアルコールを分解するのに、約3時間かかると言われています。

500ml缶を3本飲んだ場合、分解には約9時間ほどかかるため、検査直前まで肝臓が活動することになります。

一方で、ノンアルコールビールはアルコールを含まないため、肝臓への影響は限定的。

そのため、ノンアルコールビールは、飲みすぎなければ健康診断の前日に飲んでも大丈夫です。

注意ポイント

糖質を多く含むノンアルコールビールを飲み過ぎると、血糖値に影響が出る恐れがある。

 

健康的なノンアルコールビールおすすめランキング

健康的なノンアルコールビールおすすめランキング

筆者が、以下の「3つの切り口」を基準に、50種類のノンアルコールビールから4商品を厳選しました。

ポイント

  • 値段
  • 添加物
  • 糖質

値段は100円台、無添加、コクがある商品です。

日本のスーパーではほとんど取り扱いが無い、珍しいノンアルコールビールなので、話のネタにもなるかと思います。

「無添加」かつ「糖質量」も考慮したランキングになっているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、「肝臓への負担」と「糖質量」、「無添加」のポイントを全て満たすのはランキング3位の商品です。

以下の「【コスパ最強】ノンアルコールビールおすすめランキング厳選ベスト4」の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください^^

【コスパ最強】37種類から厳選したおすすめのノンアルコールビール
【コスパ最強】ノンアルコールビールおすすめランキング厳選ベスト4

スーパーで売っているノンアルコールビールを飲むと「コクがなく、薬っぽい」商品ばかりで、ノンアルコールビールを嫌いになる方も多いかと思います。 本記事では、ビールをこよなく愛する筆者が、50種類のノンア ...

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、ノンアルコールビールの肝臓や健康への影響について解説しました。

肝臓と健康への影響について、考慮するポイントは次のとおり。

ポイント

  • アルコール度数0.0%
  • 糖質が少なめ
  • 無添加

以上の「肝臓」と「糖質量」、「無添加」のポイントを全て満たすのはランキング3位の商品です。

【コスパ最強】ノンアルコールビールおすすめランキング厳選ベスト4」の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください^^

【コスパ最強】37種類から厳選したおすすめのノンアルコールビール
【コスパ最強】ノンアルコールビールおすすめランキング厳選ベスト4

スーパーで売っているノンアルコールビールを飲むと「コクがなく、薬っぽい」商品ばかりで、ノンアルコールビールを嫌いになる方も多いかと思います。 本記事では、ビールをこよなく愛する筆者が、50種類のノンア ...

続きを見る

【神アイテム】ビールを「キンキンの状態」でキープするグッズ

おすすめ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

クラフト所長

ビール大好きクラフト所長です! 今まで飲んだビールは100種類以上。 ノンアルコールビールのレビュー記事は53種類。 また、ノンアルビールをベースとしたカクテルの作り方を紹介しています。 簡単に作れるものが多いので、ぜひ真似してみてくださいね!

-ノンアルコールビール