カクテル レシピ

エッグビール|卵とビールを使ったビアカクテルの作り方

2022-06-08

エッグビール

卵とビールのカクテルであるエッグビーに関する網羅的な情報を知りたいですか?

本記事ではエッグビールの栄養成分、作り方を解説します!

なお、おすすめの作り方を分かりやすく解説しています。

作り方だけを見たい方は、目次から「エッグビールの作り方」をクリックすれば見れます

こちらもCHECK

ビアカクテル
ビアカクテルのレシピ一覧|ビール ベースのカクテル24選

本記事では、ビールベースのカクテルのレシピを24種類紹介します。 定番のビアカクテルから、マニアックなビアカクテルまで網羅した内容になっています。 あなたの好きなビアカクテルを見つけてみてくださいね! ...

続きを見る

こちらもCHECK

【コスパ最強】37種類から厳選したおすすめのノンアルコールビール
【コスパ最強】ノンアルコールビールおすすめランキング厳選ベスト4

スーパーで売っているノンアルコールビールを飲むと「コクがなく、薬っぽい」商品ばかりで、ノンアルコールビールを嫌いになる方も多いかと思います。 本記事では、ビールをこよなく愛する筆者が、53種類のノンア ...

続きを見る

エッグビールとは

クラウスターラーに卵黄を入れている様子

エッグビールとは、ビールと卵を使ったビールのカクテルです。

卵とビールの組み合わせと聞くと「え?罰ゲーム?」と思うかもしれません。

でも、ドロっとした白身は使わず、卵黄だけ使用するので、想像よりかなり飲みやすいです。

それでは、順に見ていきましょう!

 

エッグビールの栄養成分(カロリー・糖質)

栄養成分

栄養成分は以下のとおりです。

なお、本記事ではビールの代わりにノンアルコールビールの「クラウスターラー」を使用しています。

成分(1杯約300ml)含有量(1杯約300ml)
エネルギー145kcal
炭水化物(糖質)17g

参考

主な材料である、クラウスターラー300mlと卵黄1個(合計約300ml)の栄養成分を概算しています。

炭水化物(糖質)が約17gであり、糖質は少なめです。

ちなみに、1日あたりの糖質の摂取量の目安は次のとおり。

ポイント

  • ダイエット中の方:60g以下
  • 体重維持したい方:120g以下

身長や体重、性別によって変動しますが、おおよその目安にしていただければと思います。

こちらもCHECK

ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介
ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介

本記事では「ビールを飲むと太る理由」と「ビールを毎日飲んでも太らない方法」を紹介します。 当たり前に知っている基礎的なことから、ほとんどの方が知らない応用的なことまで、できるだけ分かりやすく解説します ...

続きを見る

 

エッグビールの度数

アルコールの度数

ビール + 卵

アルコール度数は約4〜5%です。

卵黄の体積が少ないため、ビールの度数とほぼ同じです。

 

ノンアルコールビール +  卵

アルコール度数は0%です。

材料はアルコールを含まないため、当然ノンアルコールです。

なお、本記事で紹介するのはノンアルコールのエッグビールです。

 

 

エッグビールの作り方

エッグビール

カクテルといっても、エッグビールは材料が少ないため、誰でも簡単に作ることができます!

順にみていきましょう!

 

材料

クラウスターラーと卵

材料は次の2つです!

材料

  • ビール:300ml
  •  卵黄  :1個

今回はビールの代わりにノンアルコールビールを300ml使用しています。

 

ビール

本記事では「ビール」ではなく「ノンアルコールビール」のクラウスターラーを使用しています。

クラウスターラーは非常にコクのあるノンアルコールビールなので、割材としてカクテルにも使える優秀さんです。

作り方は「ビール」でも「ノンアルコールビール」でも変わらないので、適宜置き換えてお読みください!

クラウスターラー|本場ドイツ輸入の本格ノンアルコールビール
クラウスターラー|本場ドイツ輸入の本格ノンアルコールビール

「日本で売っているノンアルコールビールは、まずい」と感じているあなたは、驚愕の真実を目にすることになります^^ こんな方におすすめ   ガツンとした苦味のあるビールが好き コクのあるビールが ...

続きを見る

ノンアルコールビールは、飲み会の中盤や終盤に「悪酔いしないためのチェイサー」としても使えるのでオススメです!

 

通常のエッグビールは、卵1個分の卵黄を使用します。

今回は、より濃い味のエッグビールを作るため、卵2個分の卵黄を使用しました。

卵の卵黄

 

費用

1杯約300ml作るのに、約100円〜です。

内訳は次のとおり。

費用

  • クラウスターラー:90円〜
  • 卵:10円〜

クラウスターラーは本格的なノンアルコールビールにも関わらず、Amazonで1本(330ml)あたり約100円〜買えます。

37種類のノンアルコールビールを実飲しましたが、ダントツのコスパであったので、興味のある方はお試しください。

 

作り方

手順は次のとおり。

作り方

  1. ビールをグラスに9分ほど注ぐ
  2. よく溶いた卵黄を入れる
  3. 泡立つくらいに、よくかき混ぜる

 

step
1
ビールをグラスに9分ほど注ぐ

グラスとクラウスターラー

卵を入れてかき混ぜるため、やや余裕を残してビールをグラスに注ぎます。

 

step
2
よく溶いた卵黄を入れる

クラウスターラーに卵黄を入れている様子

卵黄を溶かずにビールに入れると、かき混ぜた時にダマになりやすいので、よく溶いてからビールに入れましょう。

 

step
3
泡立つくらいによくかき混ぜる

エッグビール

卵黄が全体に行き渡るように、マドラーでかき混ぜます。

ステップ1で9割くらいにビールを入れると、かき混ぜた時に発生する泡でちょうど良い感じに仕上がります。

それでは、エッグビールを実際に飲んでみます!

 

エッグビールのレビュー

エッグビール

いよいよ実飲です!

これでもかってくらい、卵黄の白濁した感じが出ています。

(見た目からも、ビールと卵黄の組み合わせが不味くないか、心配でワナワナしてます...笑)

エッグビールの泡1

泡立ちは良くないです。

というのも、卵黄を入れてからかき混ぜたので、仕方ない感はありますが...。

 

エッグビールの泡2

全体的に白いので、泡とビールの区別がつきにくいです。

味が全く想像できないので、飲むのが楽しみですね!!

 

肝心の味は...!?

まったりとしたコク

どんな「とんでもな味」なのか恐る恐る飲んでみましたが、意外と飲みやすいです!

卵嚢だけなので、白身のドロっとした感じはなく、卵黄のコクとまろやかさが際立つ感じになりました。

例えるなら、お菓子に卵黄を加える感じですかね。

意外とイケる風味です。

レギュラーとしてではなく、二日酔いの朝とかに飲むのに適した風味かと思います。

こちらもCHECK

ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介
ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介

本記事では「ビールを飲むと太る理由」と「ビールを毎日飲んでも太らない方法」を紹介します。 当たり前に知っている基礎的なことから、ほとんどの方が知らない応用的なことまで、できるだけ分かりやすく解説します ...

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、エッグビールの美味しい作り方を紹介しました。

エッグビールは材料は少ないので、誰でも簡単に作れます。

1杯(300ml)あたり100円〜で作れるので、二日酔いの際はぜひお試しください!

以上、参考になれば嬉しいです。

【神アイテム】ビールを「キンキンの状態」でキープするグッズ

おすすめ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

クラフト所長

ビール大好きクラフト所長です! 今まで飲んだビールは100種類以上。 ノンアルコールビールのレビュー記事は53種類。 また、ノンアルビールをベースとしたカクテルの作り方を紹介しています。 簡単に作れるものが多いので、ぜひ真似してみてくださいね!

-カクテル レシピ