ビール

泡麦2種|西友で買えるオススメの第三のビールを飲み比べ

2021-11-12

泡麦2種

今回は、原産が韓国の泡麦をレビューします。

コスパが良い第三のビールを探している方に参考になる内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

こんな方におすすめ

  • コスパの良い第三のビールを探している
  • ホップの爽やかな香りが好き
  • 軽めのビールが好き
ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介
ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介

本記事では「ビールを飲むと太る理由」と「ビールを毎日飲んでも太らない方法」を紹介します。 当たり前に知っている基礎的なことから、ほとんどの方が知らない応用的なことまで、できるだけ分かりやすく解説します ...

続きを見る

 

日本酒類販売(輸入者)|泡麦2種を飲み比べ

泡麦2種

泡麦は韓国で製造されている第三のビールです。

SEIYUの店舗で購入することができます。

 

価格

価格は350mlで93円 からとお安いです。

正直なところ、プライベートブランドの第三のビールは「安かろう悪かろう」が多いです。

一方で、「泡麦」はコクはありませんが、アッサリとして飲みやすく香り高いため、コスパは良いです。

 

栄養成分

泡麦2種の成分表示はそれぞれ以下のとおりです。

 

泡麦

成分(100mlあたり)含有量(100mlあたり)
エネルギー42kcal
たんぱく質0.3g
脂質0g
炭水化物3.3〜3.8g
 内(糖質、食物繊維)3.3g , 0〜0.5g
食塩相当量0〜0.02g
アルコール度数5%

炭水化物(糖質)は3.3gです。

一般的なビールの糖質は100mlあたり3gなので、糖質は普通です

アルコール度数は5%です

アルコール度数は泡麦(糖質50%off)と比べて1%だけ高いです。

 

泡麦(糖質50%off)

成分(100mlあたり)含有量(100mlあたり)
エネルギー29kcal
たんぱく質0.2g
脂質0g
炭水化物1.7g
 内(糖質、食物繊維)1.4 g, 0.3g
食塩相当量0〜0.02g
アルコール度数4%

炭水化物(糖質)は1.7gです。

一般的なビールの糖質は100mlあたり3gなので、糖質は半分ほどです

そのため、ダイエットしている方でも安心して飲むことができます。

ちなみに、1日あたりの糖質の摂取量の目安は次のとおり。

ポイント

  • ダイエット中の方 :60g以下
  • 体重維持したい方:120g以下

身長や体重、性別によって変動しますが、おおよその目安にしていただければと思います。

 

注意ポイント

糖質オフの記載は「自社比」です。

そのため「糖質オフ」の記載があっても、一般的なビールと糖質があまり変わらないようなビールもあります。

泡麦はきちんと低糖質になっているので、安心して楽しんでくださいね。

こちらもCHECK

ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介
ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介

本記事では「ビールを飲むと太る理由」と「ビールを毎日飲んでも太らない方法」を紹介します。 当たり前に知っている基礎的なことから、ほとんどの方が知らない応用的なことまで、できるだけ分かりやすく解説します ...

続きを見る

 

原材料

泡麦2種の原材料は同じです。

原材料は以下のとおりです。

原材料

  • 発泡酒
  • スピリッツ(大麦、米)
  • 炭酸ガス

 

スピリッツ以外の副原料は使わず「モルト(麦芽)」と「ホップ」で風味を表現しています。

糖質オフ系の第三のビールは、人工甘味料などの化学調味料が入っていることが多いです。

その点、泡麦は「発泡酒」に「アルコール」を加えただけなので、体にも優しいです。

発泡酒とは、原材料の麦芽が50%未満のビールです。

第三のビールとは、発泡酒にアルコールを加えたものです。

 

 

泡麦2種を飲み比べを飲み比べてみる

泡麦2種とグラス

泡麦

基本情報評価特徴
苦味苦味は弱い。
香りホップの香りを感じる。
コク少し水っぽさを感じる。
キレコクと苦みが弱いため、キレは良い。
酸味酸味はあまり感じない。
甘味甘味はあまり感じない。

 

泡麦(糖質50%off)

基本情報評価特徴
苦味苦味は弱い。
香りホップの香りを感じる。
コク少し水っぽさを感じる。
キレコクと苦みが弱いため、キレは良い。
酸味酸味はあまり感じない。
甘味甘味はあまり感じない。

 

泡麦2種のレビュー

泡麦2種とグラス

プルタブを開けた瞬間から、わずかにホップの香りを感じます

泡麦(糖質50%off)のほうが若干色が淡いですが、ほとんど同じです。

 

一般的な第三のビールと同じで、どちらも泡持ちは悪いです。

 

実際に飲んでみた第一印象は、『どちらもほぼ同じ(笑)』でした。

香りや苦味から、ホップの使用量はどちらも変えていないと思います。

泡麦(糖質50%off)よりも、泡麦のほうが糖質(麦芽量)が多い分、若干コクはあります。

ですが、正直ほとんど違いは分からないです。

どちらもほぼ同じような風味なので、糖質が少ない泡麦(50%off)の方がオススメです

 

全体としてアッサリしてるため「ビール」としては物足りないと感じるかもしれません。

一方で、ホップの香り心地よい香りはかなり良い感じです

アッサリとして苦く無い、爽やかな香りのビールなので、ビールが苦手な女性からは支持を得そうなビールですね。

ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介
ビールは太る?|ビールを毎日飲んでも太らない方法・理由を紹介

本記事では「ビールを飲むと太る理由」と「ビールを毎日飲んでも太らない方法」を紹介します。 当たり前に知っている基礎的なことから、ほとんどの方が知らない応用的なことまで、できるだけ分かりやすく解説します ...

続きを見る

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は、泡麦2種をレビューしました。

アッサリしてますが、ホップの心地良い香りを楽しめるビールです。

コクはあまり無いので、風呂上がりにサクッと飲んだりすると美味しいですよ。

価格は1本93円からと安いので、SEIYUに行った際は試しに買ってみるのも良いかもしれません。

以上、参考になれば嬉しいです。

【神アイテム】ビールを「キンキンの状態」でキープするグッズ

おすすめ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

クラフト所長

ビール大好きクラフト所長です! 今まで飲んだビールは100種類以上。 ノンアルコールビールのレビュー記事は53種類。 また、ノンアルビールをベースとしたカクテルの作り方を紹介しています。 簡単に作れるものが多いので、ぜひ真似してみてくださいね!

-ビール
-,